授乳中にママが風邪!搾乳が面倒で中途半端にするとどうなる?

風邪ひいたときは、搾乳しないといけないんだよね・・・

風邪をひいたときは、しんどくても搾乳をしないといけません。

実際に風邪をひいたときに、搾乳をサボった体験談を紹介します。

ジャンプできる目次

風邪をひくまでの授乳生活

風邪をひくまでは、母乳優先で少しミルクを足す混合育児をしていました。

もともと出がいいわけではなく、マッサージをしてもらい促してもらっての母乳優先でした。

搾乳生活

風邪をひき、搾乳が面倒でした。

少しくらいサボってもいいだろう。という気持ちと、

少しづつ身体が変化していくのを感じる部分もありましたが、

授乳をサボったので、完ミになりました。

身体がしんどくて、寝たいけど搾乳しないといけない。

ということは分かっていたのですが、とにかく搾乳がめんどくさい!

搾乳をしないと張ってくるけど、搾り取らなくても、いいや!

中途半端でもなんとかなる!という気持ちでした。

風邪も長引き、3~4日寝込んでいました。

その結果、みるみる出が悪くなりました。

私は、手動の搾乳器を使っていたのが一因かもしれませんが、とにかくめんどくさい。寝たい!という気持ちでサボりました。

搾乳しよう

今までと同じ育児スタイルを保ちたいなら、搾乳をしましょう。

あらかじめ搾乳器を準備しておかないと、いざ使いたいときに手元にないと胸が張って痛くなります。乳腺炎にもつながるので、用意しておきましょう。

搾乳器にも手動タイプと電動タイプがあります。

手動搾乳器

・安価
・自分のペースでできる

・ポンプをおさないといけない

使う頻度が低いなら、低価格の手動タイプでも十分です。

電動搾乳器

・自動でしてくれる

・高価

自動でしてくれるのは助かります。

machaco
machaco

自動でしてくれるのは助かります。

搾乳生活になった要因

風邪をひく2週間前から、約10日連続で夜中2時と朝方5時半の授乳から、夜中2時の1回だけの授乳になりました。

「もう2回から1回になったの!?1回って凄く楽~♪」

と、身体が楽な生活にどんどん慣れていきました。

夜中の授乳が減り、まとまって5時間寝れるようになった喜びは相当でした!

実際は、生後8ヶ月までは夜中と朝方の2回授乳が続いたのですが、なぜかこの10日間はよく寝てくれたのです。

ですが、それは10日間だけでした。

夜中2時と朝方5時半授乳が再開したのです。

身体が楽な方に慣れていたので、これは相当ダメージがあり

これが原因で風邪をひき、搾乳生活に入りました。

赤ちゃんの変化は?

赤ちゃんは、もともとミルク慣れをしていたので、ミルクだけの生活になっても問題はありませんでした。

母乳が忘れられない!という様子もなく、元気でした。

ミルクも母乳に近づけてあるので、味も違和感がないのでしょうね。きっと・・・

完ミにして良かったこと

完ミにして良かったことは、夜中に主人がミルクを飲ませてくれたことです。

1回でも飲ませてくれるだけで、睡眠時間がまとまって取れるようになりました。

睡眠は大切だなぁと実感しました。

完ミにして後悔したこと

ミルク代が凄くかかりました。

生後6ヶ月頃がピークだったのですが、1ヶ月で1万円近くかかりました。

「母乳のみの方は0円かぁ・・・いいなぁ。」と思いました。

マッサージやハーブティーを飲んで復活させることもできるのですが、私はもともと完ミ生活の方があってる気がしたので、完ミにしました。

マッサージはすごく効果があるのでおすすめですが、在宅で出来る範囲で頑張りたい方はハーブティーがおすすめです。

まとめ

母乳優先でミルクを少し付け足す程度の混合育児でしたが、搾乳が面倒でサボると完ミになりました。

搾乳は大変ですが、きちんとしないと今後の育児が変化していきます。

搾乳器も手動だけでなく、自動搾乳器も販売されているので、面倒!と思ったら自動搾乳器を使用することをおすすめします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったらシェアしてね!
ジャンプできる目次
閉じる