iPhoneをApple Storeで購入するメリット・設定・下取り方法

iPhoneをApple Storeで購入して良かったので、そのときの様子をお話します。

ジャンプできる目次

Apple Storeで購入するメリット

結論として、Apple Storeで購入たら、携帯会社を通して買い替えるよりもお得でした。

・携帯会社で購入するより安い
・下取り価格が携帯会社より安い
・お店に行く手間が省ける
・携帯代プランに加わらないので、内容が分かりやすい

Apple Storeと某携帯会社を比較してみた

現在、某携帯会社で格安スマホを使っており、新たにiPhoneを購入した際の機種代金を比較しました。

条件
・iPhoneSE(128GB)を一括購入
・iPhone7を下取りに出す

某携帯会社の価格

機種代金64,080円
割引価格₋7,200円
販売価格56,880円
下取り価格₋9,600円
合計価格47,280円

・下取り費用も含めての支払額は47,280円
・下取り機種が正常の場合、後日電子決済で返金対応

Apple Storeの価格

機種代金54,780円
下取り価格10,000円
合計価格44,780円

・下取り費用も含めての支払額は44,780円
・下取り機種が正常な場合、後日返金
・購入機種の送料は無料・下取り機種の送料は着払い

比較した結果

携帯会社で購入するより、Apple Storeの方が2,500円安く、下取りが無くてもApple Storeの方が安かったことが分かりました。

それに、下取り価格の返金もApple Storeの方がスムーズでした。

某携帯会社はこれに乗じて電子マネーに加入し、何か商品を購入してもらおうとしていました。

ちなみに、私がApple Storeで購入した時期はキャンペーン中だった為、6,000円分のApple Storeギフトカードが無料でついてきました。

Apple Storeでの購入方法

Apple Storeの公式ページでご希望のiPhoneを購入方法を紹介します。

ご希望のiPhone・色・容量・下取りに出すiPhone・名前・住所・メールアドレス・決済方法などを順序に沿って選択あるいは記載します。

注文完了したら、メールが届き、配達伝票番号も知らせてくれました。

受け取りまで1~2日でした。

商品が届くまでにすること

用意するもの
・iPhoneカバー
・保護フィルム

忘れずにiPhoneカバーとフィルムを購入しましょう。

せっかく購入したのに届くまでに割れてしまった!という悲しいことになるまえに。

機種変更の仕方

機種変更手順
  1. 商品が届いたら、付属の部品で旧デバイスのSIMを取り出します。
  2. 新デバイスに差し替えます。
  3. 新・旧デバイスの充電が切れない状態にしておく
  4. 新デバイスの電源をいれます。
  5. 新デバイスがデータ移行作業を誘導してくれるので、案内通りに設定を行う。(このとき、旧デバイスは近くに置いてください)

以上が設定手順になります。

え!?これだけ?と思われたでしょうか?

本当に簡単でした!

従来でしたら、iPhoneのデータをPCにバックアップし、それを新しいiPhoneにうつすのですが、iPhone SE(第二世代)はバックアップをしなくてもよい機能が備わっていました。

この機能がクイックスタートです。

以下にApple Storeの説明リンクを貼っておきますね。

https://support.apple.com/ja-jp/HT210216

下取りに出す方法

下取りに出す前に、個人情報を削除しなければいけません。

以下にApple Storeの説明リンクを貼っておきますので、「古いデバイスから個人情報を削除する」を参考にしてください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201351

下取りのiPhoneは2週間以内に配送業者に集荷依頼するようにメールで案内がきます。その案内メールで必ず集荷予約をしてください。

予約ができたら、ケース・保護フィルムを外して出荷に備えましょう。

下取りiPhoneの梱包は業者で行ってくれるので、業者が自宅にきたら、iPhoneだけをそのまま渡しましょう。

その際に、お客様控えを手渡されるので、保管してください。

まとめ

Apple StoreでiPhoneを購入したら、携帯会社よりも安く、お店に行く手間も省けた。

クイックスタートという機能で簡単にデータ移行も出来た。

下取りの梱包や送料も必要なく、下取り価格の返金も現金でした。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

ジャンプできる目次
閉じる