【移住希望者必見】田舎暮らしで就きやすい職種と働き方の選択肢3つ!

田舎に移住を考えてるけど、仕事ってあるのかな?

田舎は、どんな就職先が多いの?

そんな疑問にお答えしていきます。

ジャンプできる目次

田舎で就きやすい仕事

・製造業の作業員
・介護職
・医療職
・接客業
・事務員

このような、生活と密着する職種での求人があふれています。

田舎はお年寄りが多いので、介護職や医療職、

そして、工場を田舎に配置する会社が多いので、工場作業員の仕事が多いです。

その他、スーパーや飲食店などでの接客業や、

それぞれに関連した事務員の求人が目立ちます。

田舎で就きにくい仕事

製造業でも、営業・企画・開発・経理・総務は本社で行われるので、

このような仕事は求人数が減ります。

ただ、田舎に本社があることもあるので、営業がしたい!という方でも

営業ができる可能性はあります。

ですが、田舎には全く求人がない職種もあります。

・アナウンサー
・声優
・俳優

こういった、明らかに都会にしかない仕事を選びた方は、

田舎での就職は断念せざるを得ません。

田舎は仕事が少ないの?

田舎は、求人自体は多いです。

供給過多になっています。

なので、求人の中から合う仕事を慎重に選べるほどの数はあると思います。

それに、供給過多なので、倍率はビックリするほど低いこともあります。

田舎の求人票見つけ方

田舎では、ハローワークを利用することが多いです。

再就職するさいも、ハローワーク1本で探す人も多いです。

ハローワーク以外を利用するときは、都会に出たい!などの理由です。

ですが、田舎の企業もなかなか求職者が見つからない場合や、UターンやIターン歓迎の場合は、

大手求人を利用することもあります。

田舎に住みながら働く選択肢3つ

田舎に住みながら働くには、大きく分けて3つの選択肢があります。

①田舎で働く

田舎で働く方法です。

この方法だと、自宅から近い職場で働けます。

田舎も人手不足で、求人はたくさんあるのですが、都会と大きく違う点は

②通勤圏内の田舎で暮らして都会で働く

2つ目は、通勤圏内の田舎で暮らして都会で働く方法です。

通勤圏内の田舎なら、まだ30分に1本ほどの電車が通っている可能性もあります。

え!?30分に1本??

と思われたでしょうか?

これ、まだマシな方なんです!!

これに耐えられる方は、通勤圏内の田舎に暮らすのもいいと思います。

都心部まで電車で1時間くらいのところもたくさんあるので。

都会の方が希望の職種につける可能性が広がっているので、こういう選択肢をとられる方もいます。

③在宅でできる仕事をする

3つ目は、在宅でできる仕事をすることです。

今では、在宅で出来る仕事の幅が広がっていますよね。

リモートワーク・YouTubeが代表的なところでしょうか。

他にも、農業や古民家カフェなどの選択肢もあります。

田舎は家賃が安いので、田舎で山に囲まれた借家でも見つけて、ゆったりと仕事に打ち込むのもいいですね。

まとめ

田舎も求人がたくさんありますが、職種が限定されている場合が多いです。

求人が多い仕事は、医療職・介護職・製造業です。

専門性が高い仕事ほど、求人を見つけるのは大変なので、専門性の高い仕事に就きたい場合は、都心部から通勤圏内の田舎に暮らすのがおすすめです。

田舎の求人情報は、大手転職サイトでは見つかりづらいので、ハローワークとindeedで見つけると情報を得ることができます。

よかったらシェアしてね!
ジャンプできる目次
閉じる